Everybody Say

このブログはあみすけこと小清水亜美を応援しています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
久しぶりに休日に1度も外に出ず家に引きこもってました。
メリッサです、でかけようとは思っただけ、思ったんだよw

野球見てたりしたらもう夕方でさ、ギアスを見て、気づいたら今日も終わりだぜww
早いwww

火曜日は数学のテストなのに・・・
教科書持ってきたのはいいけど、結局フーリエ級数の勉強何もしないで終わったな・・・

y軸に対象なのが偶関数で余弦、真逆なのが奇関数で正弦だっけか?
明日1日使って覚えるしかないね。
ヤバスヤバス
でも6ページぐらいならきっとなんとかなるよね


裏はシーズン始まって1ヶ月以上経ったので、わたしが今、MLBで注目している選手を上げてみました。
日本人も一人だけ・・・
ではどぞー



Lance Berkban (HOU)
AVE : .399 HR : 16 RBI : 44 OPS : 1.215
今年はこいつが止まらないwww
偶数年に毎年好成績を残すくせみたいなものを持ち、今年も見事にそれに当てはまりましたw
打率こそ現在2位ながらも約4割の高打率をキープ。
どこまで伸びるのかすごく楽しみです。


Josh Hamilton (TEX)
AVE : .320 HR : 10 RBI : 49 OPS : .920
遅れてきた天才の真価ってやつです。
全米1位指名を受けながらも麻薬などに手を出し道を外れてきた男が、長い年月を掛けて昨年、メジャーの舞台に上がりました。
ドラフト1位指名は伊達じゃなく、90試合で19本塁打という結果を残し今年は新天地に移籍、フルシーズンの活躍を期待され見事にその期待に応えています。
メジャー2年目でのシーズン3割30本100打点だって夢じゃないと信じています。


松坂 大輔 (BOS)
W - L : 7 - 0  ERA : 2.15 SO : 46
破竹の負けなし7連勝で最多勝争いのリーグトップタイに並びました。
去年と同じですが、今年も非常に四球が多いのが難点です。
これを解消できれば防御率-0.30以上削れそうな感じがします。
四球が多い代わりに、被打率の低さはかなりのもの。ランナーを塁に溜めても、打たせないという奇妙なピッチングの日々です。
勝ってこそいますが先発としての投球回の短さが目立ちます。
失点を少ないので負けるゲームを作っているわけじゃないので順当な結果にも見えますが、80%のゲームを6回90~100球でまとめれないと先発失格といえなくもない・・・


Branton Webb (AZ)
W - L : 9 - 0  ERA : 2.56 SO : 49
松坂以上に破竹のように勝っている投手です。
9回登板して9勝。
完璧に安定感のあるピッチングをしていて、正直止まる気がしないww
今年の飛びぬけは半端じゃなく、打者の化け物がL.Berkmanで投手の化け物がB.Webb。
恐ろしい二人がリーグにいたものですw
2年前のサイヤング賞、そしてそれを上回る結果を残した去年と、今年も安定感のあるピッチングをし、サイヤング賞本命であるJ.Santanaの対抗馬とわたしも想像はしていました。
だけど、だけどここまでとはww
10度の登板で W - L : 6 - 2 ぐらいで十分上出来だと思っていましたが、まさか9の9とはw
オールスター前までに何勝できるか見物です。
15勝であのP.Martinezに並ぶんですよね。


Barry Zito (SF)
W - L : 0 - 8  ERA : 6.25 SO : 22
元投手最高契約金を手にしたはずなのに・・・
衰えとはまだ早く、FA移籍から調子が一気に下がったもとサイヤング賞左腕。
9度の登板で8敗と、全く成績を残せず一時期はミドルリリーフ・・・敗戦処理に回るとの噂も。
B.Webbと違い、こっちは一向に勝てる気配がしません・・・
それでもローテの一角を担い、エースなんだから・・・
やはり年俸がそこらの選手とは違いすぎるから下手に回せないんでしょうね・・・




モンハンやろw
案外おもしろくて吹いたww
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://letsgototheanswer.blog68.fc2.com/tb.php/692-bed57d38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。