Everybody Say

このブログはあみすけこと小清水亜美を応援しています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
気が付けば明日で授業は終わりじゃないですか。
今年度も残すところはテストのみになりました、メリッサです。あでぅ!

論理回路に続き、数学も0点でも大丈夫と言われました。
去年数学A,Bあわして4回個分再試になった人間がまさかテスト3回分で終わるなんてことあっていいんでしょうかw?

もちろんわたし的には全然あって構わないんですけどww
今の数学の教師はものすごくわかりやすく教えてくれるんで助かります。

だって微分で引っ掛かってた人間が積分→微分方程式とランク上がったのに余裕なんだぜwwwww
去年は話を全く聞いていなかったのもありますが、それでも今の人はさすがとしか言いようがないです。

んで、ちょっと話が変わりますが、裏でひとつ、本の紹介でもしておきましょうか。
ちょこーーーーーっとだけためになる本です。



上で書いた先生が書いた本です。
宣伝w宣伝ww

超対称ゲージ理論と幾何学―非摂動的アプローチ超対称ゲージ理論と幾何学―非摂動的アプローチ
(2007/09)
佐古 彰史

商品詳細を見る


著者からのコメント
N=2超対称ゲージ理論の非摂動効果とそれにまつわる幾何学的な話題についての入門書。サイバーグ・ウィッテン理論や電磁双対性の予想からネクラソフの公式に至る近年のインスタントン効果の計算手法の発展と、それに関連して現れた4次元のトポロジーに関するドナルドソン不変量とサイバーグ・ウィッテン不変量の関係の予想、非
可換空間のなかでのインスタントンなどについて解説。摂動的な計算については知られている結果を引用する一方、非摂動効果についての計算には詳細な導出をつけ、初学者や非専門家向けとした。物理に関する予備知識は仮定せず、必要な知識の入門にも紙数が割かれている。

著者について
佐古 彰史(さこ・あきふみ)
1970年 北海道に生まれる.
1993年 北海道大学理学部卒業.
1998年 北海道大学大学院理学研究科博士程修了.
現 在 釧路工業高等専門学校一般教科准教授.慶應義塾大学理工学部訪問研究員.理学博士.


これ理解できたらきっとすごーーーく頭いいと思いますよw
当然、わたしなんぞには全く理解できません。当然。

理解できたら東大に余裕で入ってるわwwwwwwww

お値段4500円と少々張るお値段ですが、家においておけば頭よく見られること間違いなし!

わたしも中を見たことないですが、きっとわかりやすく書いてあると思いますよ。
ちょっとこれはガチでそう思います。
ま、それでも中身はカオスなんでしょうけどww


リンク : 超対象ゲージ理論(PDF)

こんなん理解したくもないわ・・・
ってかもう数学じゃなくて物理の世界ですよねw

で、この先生ガンダム大好きっ子で、ガンダムの世界を理論的に表せるから恐ろしい。

天才となんとかは紙一重ってことなんですかねww


じゃ、しーゆー!ノシ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://letsgototheanswer.blog68.fc2.com/tb.php/614-4936b23f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。