Everybody Say

このブログはあみすけこと小清水亜美を応援しています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
こんばんわ、メリッサです。
ほとんど平熱なんで、明日あたりから学校行きます!
いざ行くとなると行きたくなくなりますよねww

今日はテキトーな話題でお話を。

パウエル問題
パウエル二重契約っていう風に判断されたんですか。
コピーでもサインがあれば有効ということでどっちの統一契約書も認められたそうで。
どっちかが契約することになるなら、早くから契約していたオリックス側だと思うんだけども、わたしがオリックス側の人間だったらこういう選手は遠慮しちゃいますね。

貴重な戦力であることは間違いなけれども、こういう面倒な問題を起こす選手を使うなら2軍の選手を上げて使った方が、チームの精神的な面でプラスに綱がかるかと。

わたし的には、どっちの契約も無効とかでいいと思うんですけども・・・
んーまぁ、しかし二重契約なんてこともあるもんなんですねぇ。


裏は野球で本題。
MLBの大型トレードの話

サンタナ争奪戦ついに決着! メッツ移籍で合意
http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=9560

やっと結末が見えました。
今オフのトレードの目玉、現役最高左腕のヨハン・サンタナのトレード話です。

メッツ以外にはレッドソックス・ヤンキースが獲得に早くから乗り出していたものの。結局メッツと合意。
一時期はメッツ側がレイエス+若手の放出って言う話も聞いたんだけど、さすがにそれはなかったです。
レイエス放出したらファンの大部分は激怒するでしょうし。

メッツはサンタナ獲得でグラビンの穴をしっかり埋めることもできましたね。
+5勝は見込める投手が来たことで、昨季のような悪夢も起きないでしょう。

そして
ペドロ・マルティネス + ヨハン・サンタナ
っていう全盛期は現役最高右腕と現在現役最高左腕が揃っちゃっいました笑
もしペドロが手術してなかったらと考えると、
二人で35勝は見込める恐ろしい先発布陣になっていたに違いない(((゚Д゚)))


ちなみに・・・
ヤンキース側は若手有望株を大量放出せず済んでこれで良かったと。
ジラルディ新監督の下、若手でもう一度チームを作っていくことでまた黄金時代を取り戻せるかと。
2年、3年後にはリベラ・ムシーナあたりは危うくなっきてますが、チェンバレンを筆頭に3人の投手の芽が出てきていい先発陣が作れていくと思います。
ダンカンが残ったのも高年齢化してきた外野陣を支えることでプラスになっていくでしょう。

レッドソックスはプラスもなければ、マイナスもないかなっていう。
今季の成績から行くとベケット・松坂で30勝は見込め、その他のローテ候補も安定しています。
エルスブリーを放出して投手面を強化するか、残して打撃面を強化するかと言う話。

ただ、レッドソックスに来てくれれば日本で見るチャンスがあったからそこがちょっと悲しいです。
それだったら迷わず2戦ともチケット狙いに行くんだけどな・・・


補足
サンタナの何がすごいって一応8年間で通算93勝44敗、防御率3.22っていう実績ですがこの勝ち星の9割は5シーズンでのもの。
5年間で82勝35敗というすごさ!

↓サンタナのすごさが伝わる便利なwikipedia↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8A

日本じゃこれだけの実績を持つエースだったら絶対にトレードにだされないですよねw
それが出されるんだからなぁ、すげぇ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://letsgototheanswer.blog68.fc2.com/tb.php/594-bd6b3d9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。