Everybody Say

このブログはあみすけこと小清水亜美を応援しています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
この時期になると風邪の状態がデフォですよね。

こんばんわ、メリッサです。

むしろこの時期に風邪を引いていない元気な方っているんですか?

わたしはもう鼻水との戦いになっています。

特にここ2~3日間はひどく、10分に1回ペースという驚異的なペースになっています。

何回かんでもダラダラでてくるんですよね。

かみすぎたせいで鼻の下が痛いです。


おまけに今少し具合悪いですw

鼻水だけじゃなくて体調不良も伴ってくるとは・・・


これは完璧に風邪だ(´・∀・)


裏はミッチェル・リポートでのちょっとした進展。
さっそくレポートのボロが出てきた気がします。

・・・ってかリポートかレポートかはっきりしてもらいたいです、ホントに。

ペティット、ヒト成長ホルモン摂取を認め謝罪
http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=8983

通算200勝を今季達成したアンディ・ペティットが薬物使用を認め、謝罪と・・・
レポートでの第一号ですかね、ペティットは。

・・・いや、ショックですよ、そりゃあね。
メジャーを代表する左腕ですし。

でもペティットの証言だと怪我の時期にしようし、目的は怪我の早期回復のためだそうで。

昨日の記事内で書き忘れてましたが、ミッチェル・リポートの判断で微妙なところとして
「薬物の禁止された時期」
っていうのが公平に見られているのかっていうところなんですよね。

今回のペティットのHGHだけじゃなく、ボンズのステロイドも2005年からの禁止薬物であり、それ以前に使用したということで問題視されても理不尽に思えるんですよね。

・・・・薬物は確かに悪いことですよ。正当な、フェアプレーではないですよ。
でも悪いことであって、決して「違反」だったわけじゃないんですよ。(2005年時点)

それをねぇ、後から言われてもどーしろと・・・
ボンズの今の裁判だってその偽証罪も含みーで行われています。

今回のペティットだって禁止されている以前に使用したからといってそれを問題にするのはどうなのかと。
まして、ペティットの場合怪我の回復に使用したとのこと。
・・・いや、もし自分が選手なら試そうとは思いますよ。

誰だって怪我は嫌ですし、早期回復を望むもの。
自分から怪我をしにいくスポーツ選手なんてのもいませんし、早く現場に戻るのも仕事のひとつ。

風邪を引いたら風邪薬を飲む。 
禁止薬物ではなく、当時白だったHGHを使用して早期の現場復帰が叶うなら使用するのが普通だとわたしは思います。
だって「禁止薬物だけど、怪我早く治るから使ってみな」じゃなくて、「コレつかったら怪我が速く治るよ」なんですよ。
禁止薬物と指定していたら遣わない可能性だって大いにあると思いませんか?


・・・比べるレベルが違うといわれればそれまでですけど。

当時白だったものを使用して、その後黒になったからお前は黒だ!
なんていわれても、お前は俺に未来予想しろってかww
ってなりますよ。


その辺どうお考えか、ミッチェル上院議員にお答えしてもらいたいものですねぇ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://letsgototheanswer.blog68.fc2.com/tb.php/551-b0238fb2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。