Everybody Say

このブログはあみすけこと小清水亜美を応援しています

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
とりあえず、3連休の中で1日だけは勉強しないとな!
って感じです。メリッサです。


夏休み直前の木曜日に数学のテストがあるんですよねぇ。
50点満点なんですが、定期テストを同じだけの成績配分のテスト。

「簡単」

とは言っていましたが、あの先生の「簡単」はどうにも信用できないんですよね。
数学・物理・ガンダムに関しては知らないこと無いんじゃないかっていうぐらいなんでも答えられる人ですからね。

(数学の)公式は覚えるんじゃなくその場で作れ!

っていう名言残す人ですから。
実際先生は公式覚えてないみたいですし・・・

授業中その場で作り始めますからね。
その人が「簡単」といったところで何の参考にもなりませんよ。


・・・なんだこの愚痴みたいの。


いや、とにかくしっかりやろうと思うんですよ。
せっかく数学赤じゃなかったんで、ここでもしっかりとっておかないといけませんからね。


裏からは・・・分類、野球?
うん、野球。



MLB・セリグコミッショナー 新記録に立ち会わない?
王監督、「ステロイドで本塁打量産はできない」

バリー・ボンズ
と言えばMLB見ない方でも野球知っていたら名前ぐらいは聞いたことあるでしょう。
7月13日現在、メジャー通算本塁打751本と、ハンク・アーロンの持つメジャー記録の755本にあと4本と迫っている怪物バッターです。
ちなみに史上唯一の500本塁打・500盗塁を成し遂げた人物。

そんな輝かしい新記録達成の前に、MLBの最高責任者・バド・セリグコミッショナーがこんなことを言いました。

バリー・ボンズのことに関しては、何もかも現時点では決められない。機を見て、決断を下したい。その日がすぐに来てしまうかもしれないが…

これだけでは伝わりにくいかもしれないので、補足を。

セリグコミッショナーは、バリー・ボンズの通算本塁打新記録達成を祝福する気はない(立ち会わない)
ということです。
当然、セリグコミッショナーのただのわがままから来るものではないですよ。
(ある意味わがままですがw)

セリグコミッショナーがボンズの記録達成に立ち会いたくない理由として
ボンズの薬物使用疑惑
が近年でてきているからです。

薬物・・・
スポーツ選手の中では絶対的なタブーとされ、使用した際には厳しい罰則が待っているほどの絶対的な禁止事項。

それを偉大な記録に追いつき、そして抜こうとしている打者が実は使用していた!
となると、そりゃあ、祝福もできないですよねぇ。

しかしボンズの場合、使用していた薬物が禁止ではなかった時代に使用していた(可能性がある)
と言う風になっています。
現在では当然禁止薬物に指定されているものでも、当時は禁止されていなかった。
それをごちゃごちゃ言われでも実際困ってしまいますよね。
(ちなみに、ボンズが薬物を使っていたと言うことに関しては限りなく黒に近いとされています。)

それを言っているのが球界最高責任者・バド・セリグコミッショナー。

こういうのってどうなんでしょ?

昔はよくて、今はダメ。
=昔の記録なんて認められない!!
なんて事いわれてもどうしようもないですよね。

上にリンクも貼ってありますが、「ステロイドだけで本塁打は量産できない」という言葉もあります。
この事は、王さんだけでなく、メジャーのプレイヤーの殆んどが口をそろえて言っていることでもあります。

メジャーを代表する打者、レッドソックスのデービット・オルティスは

「彼はすごく簡単そうにボールを打っているけど、実際は難しいんだ。どうやったらあれだけ安定したスイングをできるのかオレには分からない。ステロイドを使った選手は他にもいるけど、ボンズに匹敵するヤツはだれもいない」

「ステロイドを使っている他の選手のスイングに比べたら、ボンズがステロイドのおかげだけでホームランを打っているとは思えない。仮に彼がステロイドをやっていたと認めても、ホームランの価値が損なわれるとは思わない」


とまで言っています。
確かに、いくら薬物を使用したとはいえ、それだけでホームランが打てるわけではないですよね。

メジャーリーガーの70%が一番偉大なホームラン打者はボンズと答え、
ファンの人達のボンズの支持率は8%。

いかに昔の本塁打の価値を認められ、そしてその栄光を正しい目で見られているかがわかりますね。
だって現職の方々が言っているんですから。


今更ですが、わたしは当然ボンズの新記録は祝福したいと思います。
ステロイド等は限りなく黒に近いと思っていますが、それでもすばらしい成績であることは間違いないわけですから。


ちなみにこのセリグコミッショナーと同じく、
立ち会いたくない。その日が近づいてきたら郊外にでもゴルフに行くさ
と、もう1人言っている方もいるんですよねぇ。

この冒頭で出てきた記録を抜かされそうなハンク・アーロン氏
理由はセリグコミッショナーと同じ理由ですが・・・


とりあえず偉大な新記録達成ぐらい素直に祝福して欲しいものです。
セリグコミッショナーが立ち会わないなら正直、その席を辞任ぐらいするべきですし、アーロンが立ち会わないならアーロンは偉大な選手とはなんとも言いがたいなぁと思います。


ただ、元の火種はボンズの薬物使用。
って言ってしまったら元も子もない話ですがね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://letsgototheanswer.blog68.fc2.com/tb.php/400-c009044e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。